健康診断のすすめ 〜たくさん食べているのに痩せる?

猫ちゃんはお家の外に出るのが慣れていないので病院に連れてくるのが大変な子が多いですよね。
でも、少しだけ我慢してもらって健康チェックをおすすめしております。

「食欲旺盛で元気。でも、食べている割にはなんか痩せているかも。
歳取ってきたから若い時よりも太らないだけかな?」

こんな風に思って様子を見るのは怖いかもしれません。

中高齢(8歳くらいから)の猫ちゃんで多い甲状腺機能亢進症という病気が隠れていることがあります。
甲状腺という首にある小さな臓器が拡大し、そこから通常よりたくさんのホルモンが血液中に出て様々な異常を起こします。

末期の状態でなければ冒頭でお伝えしたように元気に見えます。
小さい臓器なので首を触っても臓器の腫れに気がつけることはほとんどありません。

しっかり食べていて元気ならどちらにしても良さそうに思えるのですが、病気に気が付かず無治療のままで暮らしていると、
どんどん痩せてきてしまい心血管系にも悪影響を及ぼしてきます。

その結果

呼吸が苦しくなって病院に行くと、胸水(心臓や肺の周りに水が溜まる状態)が溜まっていた!
眼が見えない様子が心配で病院に行くと失明していた!
 
といったように、重症になってからこの病気が発見。ということも少なくありません。

このような症状はかなり進行している状況ですので、緊急状態から脱しても治療には時間がかかります。
時には命に関わることがあります。

では、早いうちに他の症状で早めに気がつけるものはないでしょうか。

【甲状腺機能亢進症の猫で出やすい症状 割合】

  • 活動が増える   3割の猫
  • 食欲が増える   5割の猫
  • お水を多量に飲み多量に尿をする 3-4割の猫
  • 吐く       4割の猫
  • 下痢       2割弱の猫
  • 元気なくなる   1割弱の猫
  • ぐったり     1割弱の猫
  • 食欲が落ちる   2割弱の猫
  • 食欲が全くない  1割弱の猫
  • 呼吸苦しい    1割の猫

このように色々な症状が出る病気ですが、特に初期だと食欲が落ちる元気がなくなる、のような病気を疑う症状が出ることが少ないのです。

この病気は血液検査でホルモン値を測ることで見つけることができます。
治療は内科治療と外科治療があり、初期の場合は内科治療でコントロールできることが多いです。

犬では滅多にない病気で10歳を超えた猫ちゃんの10%でこの病気が見つかったという報告もあるため、
決してめずらしい病気ではありません。
中高齢の子は甲状腺のホルモンの値を健康診断の血液検査でチェックすることをご提案しています。

ご不明な点はお気軽にご相談くださいね。

引用文献 Carney HC et al. JFMS 2016  
     Broussard JD. et al., JAVMA 1995

この記事を書いた人

巡 夏子

大学卒業後、北海道の中核病院で内科や外科診療に携わった後、関東の夜間救急病院で勤務しながら大学病院や2次診療施設で循環器診療を習得。その後、2つの一般病院で診療部長や副院長として診療にあたる。2023年、渋谷区元代々木町に「めぐり動物病院 元代々木」を開院する。